十二支占いに意味はなし ー十干十二支−
 
干支暦では天干と地支からできていまして

干とは甲乙丙丁戊己辛庚壬癸の十干
支とは子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の十二支を言います



十干は植物の成長過程に例えられたものであり
植物の成長に万物の生成変化を重ね合わせ、森羅万象の変を解明しようとしたものです

甲(木・陽)=種がまだ固い殻に覆われている状態
乙(木・陰)=固い殻を突き破る状態を表す
丙(火・陽)=成長が著しい様、成長の度合いが顕著な状態
丁(火・陰)=和漢暦原考では「勢い盛んな状態」としているが
      五行大義では「一呼吸・一休みする状態」としている
戊(土・陽)=花が咲き乱れ、樹木の生長がピークを迎えた状態
己(土・陰)=枝葉の細部まで曲がりくねりながら形を整え成長を完成させる状態を意味する
庚(金・陽)=満開に咲き乱れた花が散り、樹木に固い実が実った状態
辛(金・陰)=実をつけた状態から次の段階へと至る段階
壬(水・陽)=新たな種子が固い殻の中に次へと繋ぐ命を育んでいる状態
癸(水・陰)=種子がいつ芽を噴出すべきかを見定め、そのための準備を淡々と整えている状態



日本では辰年生まれの性格は何々で・・・
なんて言う、十二支占いなるものがありますが
本来は十二支は日を数えるための道具でしかありません

旧暦で、1月=寅(陽)・2月=卯(陰)・3月=辰(陽)、4月=巳(陰)
5月=午(陽)、6月=未(陰)、7月=申(陽)、8月=酉(陰)、9月=戌(陽)、10月=亥(陰)
12月=子(陽)、12月=丑(陰)
となり、季節では・・・

寅・卯(春・木)=1月〜2月       辰=3月
巳・午(夏・火)=4月〜5月       未=6月
申・酉(秋・金)=7月〜8月       戌=9月
亥・子(冬・水)=10月〜11月       丑=12月

となります


各支には蔵干と呼ばれる干(五行)が含まれます
蔵干について詳しく書きたいのですが、流派などにより若干違いがあり
めんどう・・・ヾ(・Д・*)ノ シツレイ

説明が大変なため、機会があれば書きたいと思います(笑)


簡単に述べると、季節の変化は翌日に突然変わるものではなく徐々に変化していくものです
蔵干とは、地支のなかに万物の変化である天干の気が含まれていると言われており
それを、余気(よき)・中気(ちゅうき)・正気(せいき)と分けて表したものです


「星平會海全書」の蔵干より

 

         余気      中気  本気

寅月 7日戊         7日丙 16日甲
卯月  10日甲        20日乙
辰月 9日乙         3日癸 18日戊
巳月 5日戊         9日庚 16日丙
午月  10日丙         9日己 11日丁
未月 9日丁         3日乙 18日己
申月 7日己    3日戊  3日壬 17日庚
酉月  10日庚              20日辛
戌月 9日辛             3日丁 18日戊
亥月 7日戊          5日甲 18日壬
子月  10日壬             20日癸
丑月 9日癸          3日辛 

よく見て頂くと余気・中気・本気と上から下へ
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と並んでいることが分かると思います


十干は季節や森羅万象の変化を表し
十二支は年・月・日・時の単位を数の変わりに動物で例えただけであると言えます



| 命理学と風水 | 18:52 | comments(0) | - | pookmark |
自律神経失調症と四柱推命
 

身体的な自覚症状があるにもかかわらず検査では異常がみつからな
これは自律神経の乱れから起こる「自律神経失調症」と言い

対して
検査で特定の症状が見つかった場合は心身症と言います



心身症が身体の特定の臓器や器官に集中して表れるのに対して
自律神経失調症は消えたり表れたりする不安定な症状がいろいろな器官に起き
倦怠感などの全身症状を伴うことが多いのが特徴です



自律神経失調症は「自律神経の乱れ」や「免疫系やホルモンの乱れ」の他に
神経伝達物質も同時にバランスを崩している場合があります

うつ病の症状はセロトニンが関与した症状を指す「病名」であり
自律神経失調症はストレス(外的要因・内的要因)による身体的症状を指し
中医学的に見ると「未病」の症状と言えます



自律神経失調症は中医学的に言うと気・血の症状に類似しており
ストレス
と生活習慣の関連したものであるが
「ストレスが溜まることで生
活習慣も乱れる場合」と
「普段の生活習慣からストレスをためやすくなる場合
」など
様々な要因と不のスパイラルが係わっています



自律神経失調症に見られる症状は
「毎日不調が続く人」や「日によって表れたり消えたりを繰り返す人」も居ます
これは心因
が影響していると考えられます



ストレスの要因は一人ひとりの持って生まれた体質、性格、物の考え方が影響しています

外因的要因とは社会環境によるもの、人間関係、習慣、社会の規範などのプレッシャー
     自然環境によるもの、音、光、温度などの変化

内因的要因とは主に持って生まれた体質、性格、物の考え方、捉え方など



四柱推命が中医学から枝分かれした分野であることは
以前に書いたブログや「完全定本・四柱推命」にも書かれていますが

四柱推命は個人の運・性格・体質などのバイオリズムを知ることができるシステムであり
人間関係や生活環境の適応・不適応、「この時期になると体調を崩す」など
自分自身の体質や性格を知ることにより
どの様にストレスから対処すべきかも理解することができると言えます


また、外因的要因では生活環境の空間(音や光や周辺の建物)などがストレスとなります
風水は「環境心理学」とも呼ばれ巒頭・形殺・理気殺がストレスとなり人間に様々な
影響を与えていることがあります

風水を「開運」といっている方が居ますが
本来はよりよい生活を送るための環境整備学といえます






| 命理学と風水 | 17:44 | - | trackbacks(1) | pookmark |
完全定本四柱推命大全から考える神殺と言う視点

「完全定本四柱推命大全」は鍾進添氏と父上の鐵筆子氏が書いた二冊の本を
山道帰一先生が翻訳され一冊の本に纏め上げられたものです

副題には「正統派四柱推命の奥義が詳らかに」とあります
初学者には「何が奥義なの?」という感じです(笑)

「古典から学ぶことができる」ことを目的とした本としては
一般の書店で普通に買えることが出来るようになったのは
初学者には喜ばしいことと実感します

前半は四柱推命で使われる合・沖・刑・害や神殺などの用語を分かりやすく書かれています
後半では実際の看命・格局・用神の方法へと移っていきます

やはり、用神・格局は難しいです(*´д`*)

五行と通変の係わりを重視し
小山内彰氏の「旺の逆転」と言う方法に僕は走ったのですが・・・

 

「五行と通変を主として四柱推命を見るのは簡潔明瞭であり分かりやすいが
これだけだと四柱推命の奥深い鑑定ができない」と以前にお話しました

それから、完全定本四柱推命大全を読み
山道先生に鑑定していただいたメールを読んで
神殺と沖・剋・刑・害の文字を見たときに
「神殺は切り捨てられない」と感じました


さて、神殺は擇日学の叢辰法から来ていることは山道先生のブログに書かれているので
そちらを参照していただくとして
http://blog.yamamichi.org/


 擇日について思ふ3(10月21日のブログ)に
「如何に「叢辰法」(神殺或いは歳煞)が大事かというのは
 最早語るまでも無い事実だと思っていたが。
 何と!バカがそこに難癖つけてきた。」

と言う一文があります
これは六壬に付いて(他の方に対して)書かれたものですが
神殺と言う看法を使用する四柱推命でも同じと考えられます
(四柱推命大全では「神殺は命について論じる補佐する役割に過ぎない」としていますが)


続いては、僕が通っている四柱推命の講座で使用されている
「四柱推命学入門(小山内彰著)」よりの抜粋です

空亡は・・・「極めて単純な構成で分かりやすいため
空亡を採用している人が後を絶たないのであろうが
陰陽五行論から逸脱した考え方であると言えるし
このような視点を根拠にして、吉だとか凶だとか論じるのは問題外と言える」

「天乙貴人とか天徳貴人、あるいは桃花殺、血刃、華蓋、駅馬などといった
空亡と同類の神殺と言われるものが200を超えるほどある
こうしたものを羅列して、吉だとか凶だとか言っている自称四柱推命家は
そのことのみで、大衆化・営利目的のために本来の姿を見失っていると判断して
誤ることはない」


小山内氏は武田考玄氏に付きほとんどの本を編集し、古典からの研究に勤しんだ方ですが
おそらく四柱推命以外では深く学んだことのないと思われます
占術界は「各派、簡単に術の原理や技術体系を公開するはずもありません」とお話する
山道先生に一刀両断されるのが落ちでしょう

中国占術は閉ざされた世界であり、各門派などにしか伝わらない看法や
口訣と呼ばれる門人でも限られた人のみにしか伝わらない看法もあるので
古典のみで学んでも、それが全てと言うわけではありません

小山内先生の授業を受けていて感じる「俺が考えた」「この考え方をしているのは私だけ」
「俺が俺が・・・」と言う態度は
「自分の知っているもの習ったものが絶対に正しいと宗教のように術数を妄信する人たちには
誤解しやすいでしょうね。また自分の習ったものや、独学したものが全て正しいと
妄信することほど怖いことは無いでしょう。それは危険な宗教に入信しているのと同じです」
「その体系を学んでもいない部外者が他を否定するのは、無知なのに自分が無知だと認めず
 さも「全能」とでもいうようなフリをしているようなものです」(山道先生談)

まぁ、なんですね
「何処の世界にも似たような人は居るんだな」と感じました(*´∀`*)


小山内先生を否定しているわけではありません
独学で古典(滴天髄)から研究され、今まで難解とされた四柱推命を
通変と五行のバランスに言及し分かりやすくされた功績はすばらしいと思います・・・


話がずれてしまいましたが
小山内先生の独自の視点は決して捨てきれるものでもないので
うまく歳運に神殺、合・沖・刑・害を取り入れて利用できないかと・・・

とりあえず、まだ全部読み終わっていないので
もう少し考えてみたいと思います(つд`)


| 命理学と風水 | 22:05 | - | trackbacks(0) | pookmark |
風水で開運はしない
 

風水が誕生して3000年近くの歴史が経ちます
その中で生まれたのは巒頭(周辺の環境)の作用と理気(時間)です

当初、狩猟の時代に風水は生活環境を敵から守る手段として
巒頭が用いられます
そして、都市設計に使用され都市の繁栄と衰退の概念として
理気が生まれました


風水は個人の金運や恋愛運を目的とした
魔法やおまじない、占いとは違います
風水において、その役割は子孫(一族)の繁栄と安泰
そして健康であります

3000年前に生まれた風水が金運と結びつける不自然さが
風水の歴史や理論を知ることにより分かります


風水で金運や恋愛運や開運を目的とする考えは
必ずしもハズレではありません
が、違うと断言も言い切れないかもしれません
それは、人間が健康であれば活動的に働くこともできます
つまり風水により生活環境を整えることで
活動的に動くことで金運もあがることも可能性が出てきますし
恋愛の相手も見つける可能性も上がります

風水による環境心理学とは
不自然な物体(巒頭)は心理学的に様々な不安障害となり
心と身体が不健康となると言うことです

風水の巒頭を調えるということは
この不自然な物体から身を守ることにあります


しかし、風水と開運は違います
「開運」とは運を開いて良くすると言う意味ですが
運を開くのは自分が行動することです
そして、行動するタイミングや自分がどのような仕事に付くか
どの様な相手と結婚が向いているか
それらを知るのは四柱推命などの命理学が必要です





 
| 命理学と風水 | 19:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
宗教と哲学は紙一重!?

日本では開運と言うと私利私欲のため目的達成の為に風水などの技法を利用されがちですが
基本的には自然との調和や健康、子孫繁栄の考え方が第一です

陰陽説や五行説や易と言う考えは、自然の摂理にあります
自然の摂理には生と死もあります
風水での鑑定では陰宅や陽宅と言う言葉で、生きている人が住む家とお墓で鑑定いたします
そのため、宗教と混同されがちですが、風水は哲学であり宗教とは区別して考えなければなりません

自然哲学や思想と宗教は紙一重と言えます
どちらも自然観の摂理、死の摂理を追求することやバランスを取ることと関わっているからです
ですから、中国では道教などの宗教にも陰陽五行や死の世界観の中に風水も取り入れられています
しかし、風水は一つの技術であり、宗教の手前である哲学観にたって考えなければなりません



| 命理学と風水 | 20:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
理気派と巒頭派 〜 風水鑑定の二大流派 〜


紫白九星派風水では年運という理気を利用します
八宅派では東西南北のそれぞれに九星と言う数字が年ごとに変化しながら巡り
この数字で吉凶を見ます

さらに玄空飛星派では九星の上に向星と坐星と言う数字が加わります
向星は財運や仕事。坐星は人間関係や健康を見ます
三つの組み合わせで吉凶を見ます


風水では分かりやすく説明すると、巒頭派と理気派に分かれます

巒頭では家や墓など周辺の環境を水法や砂法などの技術で鑑定します
理気は現在日本で広まった玄空飛星派などが挙げられ
こちらは三元九運や年運と呼ばれる時間の概念を重視しています
そして、これら両方を利用した混合派があります 



| 命理学と風水 | 23:41 | - | trackbacks(0) | pookmark |
森羅万象を表し、自然の変化の象徴としての易
 
易は当初、三つの意味(三義)からなっていました


三つの意味(三義)とは
「変易」「不易」「簡易」を指します

変易とは、四季・昼夜・天候の変化を意味します
春夏秋冬、四季は移り変わり
昼から夜へと変化し、天候も絶え間なく変化し続けます
これは自然が常に変化し続けることを表しています

不易とは、変化の中に不変の理があることを指します
季節は移り変わり、昼夜も変化しますが
しかし、冬が終われば春へと循環し巡るという法則を持っています
この循環の法則は不変であり、自然法則の秩序であります

簡易とは、「変易」「不易」これらに対して適応することを表します
寒いと暖を取り、暖かい服を着、暑いと薄着にな
この一連の行動も自然と一体となろうとする行為で
自然に適応しようという行為であります

易は自然の移り変わりを表し
そのなかでも変わらないものもある
その中で、自然の移り変わりに適応しようとする一連の行動を表し
また、森羅万象の移り変わりを現します


この易の変化を書としたものが易経であります
易経は「十翼」「爻辞」「卦辞」の三書からなります

「卦辞」とは六十四卦について説明したものであり
「爻辞」とは卦を構成する爻について説明したものであり
「十翼」とは爻辞の解釈について書かれた書物であります

易が「陰陽説」と結びついたは、易経の「十翼」からと言われています

陰陽を表す横棒を「爻(こう)」と言います
この陰陽の爻を四通りに組み合わせ「小陰」「小陽」「老陰」「老陽」と言います
小は「若い」という意味、老は「成熟」の陰陽の意味合いが含まれます
この四つをさらに八通りに組み合わせ
「乾、兌、離、震、巽、坎、艮、坤」の八つに、つまり八卦となります
さらに八卦に八卦を組み合わせて六十四卦となります

易の六十四卦の中には森羅万象の意味が込められており
各象意を表すことができます


易占は「周易」と「断易」からなりますが
これらを分かりやすく説明すると
周易は人生訓のようなものであり、出た卦から教えを乞うといった意味合いが強く
断易はより占いとしての結果が強く現れます

断易では、未来や探し物、何か行動しようと迷った時
風水師のなかには断易を利用する方も居るようですが
様々なシーンで占うことができます

| 命理学と風水 | 17:33 | - | trackbacks(0) | pookmark |
我思う、故に我にあり
 
日本では風水が「西に黄色」だとか「恋愛運」だとか・・・

まぁ、怪しげな九星気学と日本の家相を扱ったものが多いわけで
実際に考えてみれば分かる話なのだが
何か置いただけで金運が上がるなら
日本は不景気知らず、貧乏人なんか居やしないってヽ('ー'#)/

あげくには、風水で財布選んだり食べ物を選んだり
すでに次元の違う話が各も真実であるかのように扱われている

まったく嘆かわしい話ではあるが
最近は、そんな輩はどうでもよくなってきた
「もぅ、勝手に好きにしてください」って感じですが


風水が何かに付いては以前にも書いたし、これからも少しずつ書き留めていくとして

現代の風水は主として陽宅、つもり家相学に尽きると言っていいと思う
ここで言う陽宅(家相)とは、何か置いて金運を上げたり恋愛運を上げたりと言うものではない

風水師がここで見るのは、その家の方位や周辺の環境や築年数や年のサイクルを見て
もし、何か悪いことが続いているなら何が原因なのか
あるいはこれから何が起きるかを読み取る作業である

もちろん、悪いことが起きているのなら改善を行うし
これから起きそうな事をアドバイスするのがお仕事である

それは「開運」では決してなく「改善」することであり
個人的な欲の為の恋愛運でもないし金運でもない
当然、財布も関係ないし顔でもないし旅行でもないし・・・言い出すと切がない…(σω-)oO



最近は奇門遁甲なる本も見かけるようになった
先に述べた旅行の作用はこちらが正解ではなかろうか

奇門遁甲では吉日、吉方位を選び行動する
それは旅行であったり何かを異動したり

ただし、奇門遁甲はとても難しい
そして各流派に別れており誰でも簡単に学べる物でもない

てか、僕は奇門遁甲は素人なので深い話は置いといて

一度悪循環に陥ると
それは、連鎖的に広がることとなる
水溜りや川に石を投げると波紋のように広がるようなものである
この悪循環を断ち切るためには
一度、外部から違う力を与える必要がある

コーヒーにミルクを落とした時、円を描いて回る
ここにスプーンを落とすと円は崩れ全体的にミルクは広がる
ミルクが悪循環だとすれば、スプーンは外部からの力であり
奇門遁甲はこのスプーンの働きと言えよう


いずれにせよ、開運をしようとしたとき
本人が頑張り、行動しなければ事は起きない

奇門遁甲で旅行して、後は何も行動を起さなきゃ何も起きない
家でテレビを見ているだけじゃ出会いもないし
常に情報を集めていなければ金運も上がらない

本人の頑張り次第で、必ず本人に必要なキーパーソンとなる人は現れるものである


| 命理学と風水 | 01:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |
三合派風水と心理学
風水の流派は大きく分けて二派ある

三合派(巒頭派、形勢派など)と三元派(理気派、玄空飛星派など)で


三合派は水法や砂法と呼ばれる技術を利用し
周囲の物体、あるいは水の流れから吉凶を読みとる流派である

三元派は最近人気が出てきた玄空飛星派などで
これは、時間の変化による空間の吉凶を読み解く流派である


鑑定士(風水師)は、この両方を巧みに使い分ける
しかし、どちらを主とするかは鑑定士(風水師)によって異なってくる



三合派は周囲の物体などから、記憶もしくは意識・無意識に刻まれた
事象の配列にウェイトを置いて考えることができ
三元派や玄空飛星派よりも、より心理学的に捕らえ事ができる

これは、鍾進添老師の「風水=環境心理学」に近いかもしれない




パーソナリティー障害、あるいは依存症などの疾患には幼少時代の影響が強く
同時に生活環境・社会環境によるストレスが引き金となり現れると考えられる


親が子供にどれだけ愛情を与えたかではなく
子供がどれだけ親からの愛情を受けたか、その満足感
母親から適切な愛情とケアを受け入れられたかが大切であり
満足感を得られない場合に依存症やパーソナリティー障害となる場合がある

また、親がある種のストレスや恐怖を感じたとき
子供はそれを察知し不安定な感覚が脳に残ってしまい
大人になると精神疾患を招く場合がある

全てがこれに当てはまるわけではないが

虐めや幼少時の外的障害・心的障害など複数の原因も重なり
成長と共にストレスがたまると障害疾患として現れる


いずれにせよ、生活環境・社会環境と空間が原因であることは確かである
(遺伝性の疾患や障害もあるが)



三元派や玄空飛星派の時間の概念よりも
三合派による水法や砂法の事象を読み、環境を整えると言う術は
より心理的作用や事象をリアルに表現させることができ
各種精神疾患にも対応がきるのだ

即ち、三合派によるストレスの軽減、疾患・疾病の軽減は
ホリスティックな観点から健康へと誘うと同時に
皆が言うところの開運へと繋がるのではなかろうか。。。



と言うことで、僕は三合派を主として学びたいと思いますσ(`・ω・´)





予断ですが、三合派にも時間の概念があります

風水は昔、堪輿(かんよ)と呼ばれていました
堪は「天時」で、時間を表しています
輿は「地利」で、位置の選択や空間の運用方法を意味しています

これは、三合羅盤の天地人の三層に現在も残っております


| 命理学と風水 | 21:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
八卦・易の象意

風水では理気と巒頭を説明してきた



 理気とは

気は僕の解釈で現代的に言うならば
風や空気、酸素である

人間は呼吸をし、身体に取り入れた空気(酸素)を身体に巡らせるように
家も空気や風を取り入れ、循環させ、濁った空気を排出させる

また、地磁気(電磁波)や時間の概念も理気(三元派)に含まれる



 巒頭とは

巒頭とは目に見えるもの
室内の環境、室外の環境や地形を指す

これらの環境が意識・無意識に関わらず
人へ悪い影響(ストレス)を与える物を形殺と言う



風水はこれらが住む家にどのように影響を与えているか
悪い影響を与えているならば改良し
健康と家族(そこに住む人)の安定した生活を送れる為の
「環境心理学」です




この二つに加えて
八卦や易の象意を考慮しなければならない

八卦の象意とは、八方位(東・西・南・北、北東・南東・南西・北西)に
それぞれの意味を持たせたものである

たとえば、有名な「西は金運」だが
西には他に「金銭運、恋愛運、末娘、老女、肺、呼吸器、唇、歯」などだ


そもそも、八卦とは
陰陽が分裂し四象となり、さらに分裂することで八つになる

陰陽太極の図は、太古において人々が竿を立て影を見て
四方に分けることによって寒厚を見分ける実測図
つまり原始的な天文図である

これを八つに分け八方位となり
二十四方位にすることで、二十四節季を表す

もっと複雑だが、分かりやすく表現すると
天体の動きで二十四(易では64卦となる)に分け季節と時間を区分したものである

ここまでは分かるのだが
何故、八卦の象意に繋がるのかが分からない(*´д`*)




たとえば
天体と地磁気の影響を考えてみよう

満月は地球に多くの影響を与えている
満月により満ち潮が起こり亀は卵を産み珊瑚が産卵する
人間も満月の時期には出産率が増えたり
また、満月の日は落ち着かない人が多い

太陽が活性化しフレアーが発生すると
地磁気、電気機器に異常が生じる場合がある
ニューヨークの大停電も太陽フレアーによるもので・・・
(2012年の人類滅亡説も太陽フレアーによるものという噂もある)

地球はいち惑星ではなく
多くの惑星と密接にかかわりあっている

太極図は天体の観測から生まれたものである
そう考えると、八方位の象意も天体と人への影響を考えたものか?




以下、風水山道より

風水は昔、堪輿(かんよ)と呼ばれ「堪」と「輿」を分けて定義されていた
「堪」とは“天文擇日(Time)”を意味し、「輿」は“地理(Space)”のこと
つまり、堪輿とは「天文・地理」を意味する

古代中国人の自然観に三才という概念があり
『易経』(説卦)では、三才について言及しています
「才」とは働きを意味し、 天と地と人を指す
それは、三元、三儀、三極とも呼ばれ
あまねく自然現象を天地人の三才にわけて捉えようとしました
孟子は「天時、地利、人和」と言います

「天」は“時”、「地」は“利”、「人」は“和”という区分に依れば
堪とは「天時」であり、それは時間(Time)であり
時機(機会)の配合でもあるわけです
また、輿とは「地利」であり、位置の選択及び空間(Space)の運用方法を意味する

  (原文は「http://blog.yamamichi.org/2009/09/post-8423.html」より)




・・・とりあえず
八卦、易の考えを深める必要がある

レイモンドロー老師の『完全定本 易占大全』が発売が待たれるが
(そこまでの内容が書かれているかどうかは分からないけど]_-) チラッ)
ただいま、「Amazon」にて先行予約中

| 命理学と風水 | 22:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH