<< 風水と日本の家相学(風水)の違いについて | main | 安保法案に賛成する一国民の声 >>
巒頭ツアーからの天神祭りで僕の夏は締めくくり


先週末から長期休暇を頂いていました



7月17日に静岡へ移動しビジネスホテルで一泊


18日より研修を含めた巒頭ツアーへ




途中、誰でも行けそうな風水的にも優れた


観光地や旅館も入れつつ


車で山の中を龍脈や龍穴を求めつつ移動


私有地であったり墓地となっていたりするので


詳細は言えませんが・・・








↑のような処を探し求めて移動していました


日本の風水というと家相学のことだと思われていますが


古人のなかは巒頭に精通し地の利を得る術を


身に着けていた方々が居たのです。




んで、皆さんが気軽に訪れることのできる


パワースポットをご紹介します




こちらは静岡浅間神社です


同じ名前の神社が他にもありますが


こちらは、静岡駅や静岡城 (駿府城) の近くです。










伊勢神宮からの高野山金剛峰寺へと続きます。





今回宿泊した旅館のほうもご紹介しておきます。





ギネスで「世界で最も歴史のある旅館」として認定されている


慶雲館であります


こちらは、先ほどご紹介させて頂いた静岡浅間神社の麓から


ずっと繋がる龍脈上に建っています。


川沿いに建つ旅館で、お風呂からは水口が見えます。






こちらは、伊勢にある 「はいふう」 さん


島の中に建つ建物で、五分ほど船に揺られて向かいます。


アジアンテイストでお洒落な雰囲気が個人的にはお気に入りです。








十津川の山水さん


山道をひたすら車で移動


周囲には山水さん関係の建物が二戸建つだけで、


閑静な場所に建ちます。


建物の正面は反弓殺 (はんきゅうさつ) となっていますが


建物の後ろには河川が流れ、それが有情の水となり


建物を守っています。



スタッフの方はアットホームな雰囲気で


秘境の地ともいえる場所ですがリピーターさんが多いようです。


この地から大きくなり現在は4件の旅館を経営されているそうです。





7月21日に大阪へ帰ってきて


水、木曜日と雑務をこなし


24日、25日は天神祭を堪能していました







現在の場所に事務所を置いてから3度目の夏


すっかり、天神祭の虜です


岸和田のだんじりの日は仕事が休みと言いますが


気持ちがわかりますw


昨日は友達と夜中の3時頃まで盛り上がり


ペタ返しができませんでした(;´∀`)





近年は財政難で打ち上げ花火が4000先発程度だったのが


今年は協賛金が多く集まり、例年に比べて1000発多く打ち上げられました


1000発多いだけで迫力が全然違いますね


毎年、大阪天満宮では花火の協賛者を募集されています


一発5000円から、よろしければ来年は皆さんも協賛されてみては?




ここ1週間、電波の届きなくいところにいたり


なんやかんやとブログを書いたり、ペタ返しができませんでした


さて、僕は28日の火曜より本格的にお仕事を再開しますwww




| ある日常のできごと | 19:23 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH