<< ★ | main | 巒頭ツアーからの天神祭りで僕の夏は締めくくり >>
風水と日本の家相学(風水)の違いについて


家相と風水を混同されている方が未だに跡を立たないので簡単に違いを羅列してみました


個人的には、家相学や九星気学を風水と称して仕事をしている人を否定しています

が、家相学自体は否定していません・・・と言うか、別物として扱っております。


中には「家相風水」とか、ストレートに「家相学」「九星気学」として

仕事をされている方が居ますが、きっちりと区別して扱われている方のほうが好きです


さてさて本題にうつります。



一般的に日本で広まっている風水日本固有で広まった家相学や九星気学

もしくはメディアなどで有名な自称風水師が独自に考案したものであり

統的な風水とは異なります。




 ー家相学(日本の風水)ー


・玄関のある方位を建物の向きとする


・八方位を各45度に分け二十四方位で判断する流派と

 東・西・南・北の四正方位を各30度、東北・東南・西北・西南の方位を

 各60度に分けて鑑定する流派など様々。


北に黄色の物を置くと金運が上がるなど原理原則が曖昧な部分もあります。

 但し、簡単で分かりやすい。

 それ故、開運商法まがいのものも中には見受けられます。


・時間の流れを考慮せず、各方位の吉凶事象はどの建物も固定的な意味を持つ

 その吉凶や事象を元に部屋の配置を決める。


・以上の理由から現地まで赴かなくても図面と方位が分かれば

 誰でも鑑定ができる。



「簡単」「分かりやすい」「誰でも出来る」ると言う強みがあるため

メディアや雑誌などで取り上げられ、30年ほど前に一気に広まりました。

誰でも手軽に日常の生活に取り入れやすいと言う強みがありますが、

中には原理原則が曖昧なものや開運商法を謳うものも多く見受けられ、

事象の良し悪しの判断や改善方法に乏しいと言う弱みがあります。




 ー伝統風水ー


・玄関がある方位が建物の向きだとは限らない。


・建築時の年と坐向(正面と建物の180°反対)から決まる方位の吉凶と、

 毎年事に変わる方位の吉凶の組み合わせで建物事に判断をしていく必要がある。


・八方位を各45度に分け二十四方位で判断する。


・細かな度数の誤差で各方位の吉凶が異なる。


・高精度な観測により、十四方位を更に細分化して見る

 6度、5.635度、5度、3度、1.5度など用途に応じて判断する必要がある。


・周辺の建物や環境と利用している建物の関係からも吉凶が変わる。


・上記の理由から必ず現地へ赴き鑑定する必要がある。



伝統風水は家相学に比べると手頃感が弱みになりますが、

現地での高精度な測量と観測から導かれた論理的な鑑定が強みとなります。

直接現地へ赴き、個々の建物ごとで異なる環境から

どのような影響を人が受けるかを考慮して選定します。

また、選定後のサポートにより目標の達成の向上を図ります。



※赤文字は個人的な仕事内容が含まれて居ます。









| 命理学と風水 | 14:03 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/03/20 11:33 PM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH