<< 気、血、津液の働き 【改正版】 | main | 睡眠時の適度な明るさとは?! >>
【 睡眠の基礎 】睡眠とメラトニンの作用


にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村


 

心身の不調は睡眠状態に表れやすくなります
不眠の症状は心のバロメータと言えます
まずは、睡眠について知りましょう

【 睡眠の基礎 】
...
夜に眠ろうとしても寝付けない原因の一つに
セロトニンの不足があります

睡眠に必要なホルモンの一つにメラトニンがあります
メラトニンは日が沈み暗くなることで
セロトニンから合成されて熟睡へと促進していきます

しかし、セロトニンの分泌が日中に十分されていなければ
メラトニンも不足し不眠になってしまいます

セロトニンを分泌する方法は日中に太陽の光を
十分に浴びることで生成されます
しかし、昼夜が逆転した生活を送っていると
いくら昼間にしっかりと睡眠を取っていても
日中にセロトニンが分泌されていないために
メラトニンも分泌されにくくなり不眠となります

また、メラトニンには「活性酸素を除去する」という
役割も持っています

活性酸素とは、体内でエネルギーを作る際に出きる悪玉物質です

活性酸素が体内に蓄積されていくと
細胞を傷つけ、成人病や老化の原因となるのです

メラトニンが分泌されるのは午前0時〜2時の間で
この時間帯に深い眠りに入っていれば
傷ついた細胞が修復され肌も綺麗に整うのです

写真: 心身の不調は睡眠状態に表れやすくなります
不眠の症状は心のバロメータと言えます
 まずは、睡眠について知りましょう

【 睡眠の基礎  】

 夜に眠ろうとしても寝付けない原因の一つに
 セロトニンの不足があります

睡眠に必要なホルモンの一つにメラトニンがあります
メラトニンは日が沈み暗くなることで
 セロトニンから合成されて熟睡へと促進していきます

 しかし、セロトニンの分泌が日中に十分されていなければ
 メラトニンも不足し不眠になってしまいます

 セロトニンを分泌する方法は日中に太陽の光を
十分に浴びることで生成されます
 しかし、昼夜が逆転した生活を送っていると
 いくら昼間にしっかりと睡眠を取っていても
日中にセロトニンが分泌されていないために
 メラトニンも分泌されにくくなり不眠となります

 また、メラトニンには「活性酸素を除去する」という
役割も持っています

活性酸素とは、体内でエネルギーを作る際に出きる悪玉物質です

活性酸素が体内に蓄積されていくと
細胞を傷つけ、成人病や老化の原因となるのです

 メラトニンが分泌されるのは午前0時〜2時の間で
 この時間帯に深い眠りに入っていれば
傷ついた細胞が修復され肌も綺麗に整うのです
| 不眠の症状について | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH