<< 四柱推命では五行のバランス均衡を保つことが大切です | main | 四柱推命による体質改善「予防医学鑑定」 >>
体内に流れる陰陽の気 − 陰虚と陽虚 −

 


 − 身体で陰は、解剖学的な構造であり、細胞・組織・内臓に当たる ー


■ 陰気は 【 身体を冷やし、潤いを与え、リラックスさせ、眠りを催させる

 陰が不足(陰虚)すると、【ほてり、喉の渇き、落ち着きのなさなどの症状】として表れる

 ※ 陽気の過剰 ( 陽実 ) と症状は似ているが、熱感を感じるのは手足や胸に現れる
   ほてり、喉の渇きは夜間に現れやすく、落ち着きのなさや元気のなさが感じられる


 ● 陰は暗く内側に隠れ大地に根ざす

 ● 陰は心理的には 「 感情と印象 」 とつながり「感覚と情緒 」 の両方に関りあう

 ● 受容し観察する能力は陰を帯びる

 ● 意思の中でも、陰の性質は 「 許容し、適応する能力 」 を授ける

 ● 明確な境のない内向的で安定した性質は
  「 心の静けさや落ち着きと言ったユトリ 」
をもたらす




 − 身体では陽は、体内のエネルギーであり生命力や力学的な動きに該当する ー


■ 陽気は 【 身体を温め、活性化し、刺激を与える 】

  陽気が不足(陽虚)すると、【冷えを感じやすく、疲れやすく、気力を失う傾向にある

  陽気の過剰(陽実) = 精神的な疲れが重なると現れやすい症状
             疲労すると陽気が過剰となり、落ち着きがない、多動、不眠
             ほてり、喉の渇きなどの症状が表れる


 ● 陽は心理面では意識にのぼる 「 思考と分析 」 に結びつく

 ● また、「 論理的思考や調査する力 」 にも当てはまる

 ● 自分自身を 「 能弁かつ明確に表現する能力 」 は陽を帯びた性質

 ● 自己の欲求について、より 「 明確な自己表現と目的意識が表れた意思 」 は
  陽の性質が強い
と言える

 ● 焦点がはっきりとし、それが外に表現されていると、陽は
  「 堅実で計画的な人生設計を促す



 ※ 裏は陰の性質を帯び栄養を補給する
   裏は内臓器官を含み 「 栄気によって維持される 」

  「 営気は後天の精から得られる 」 陰性の気(水穀の精気)である
   営気は、 「 津液を血に変化させて臓腑や手足などを栄養し活動を支える 」

 ※ 表は陽の性質を帯び保護をする
   表は皮膚と筋肉を含み衛気が管理する 」

 ※ 衛気は後天の精から得られる陽性の気(水穀の悍気) 」 である
   身体を保護する衛気は細菌やウイルスなどの原因となる外からの邪気に対する抵抗力



にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村




| 四柱推命 ( 植物療法の融合 ) | 21:55 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH