<< 五運六気と四柱推命 | main | 体内に流れる陰陽の気 − 陰虚と陽虚 − >>
四柱推命では五行のバランス均衡を保つことが大切です

 

 ◆ 命式の中で「強い」五行と「弱い」五行を最初に見極める


 ・ 強い五行の部位、強い五行から剋されている五行の部位が身体的に弱くなる


※強い五行は弱め、弱い五行は強める必要があります
※命式中で一つの五行が強すぎたり弱すぎたりすればその臓腑に疾病を生じる


強い五行は好みの味覚(酸辛甘苦鹹)として表れる
また、生活様式を悪い方向へと導き身体的な問題を発生させることになる

たとえば、火が強い人はタバコを好み金が強い人はお酒(ビールや焼酎など)を好む
食べ物の好みは、その人の弱い部位の食べ物と反映する
好みの食べ物や味付けも五行の生剋を考えバランス良く取ることが求められる


もうひとつの視点は印の作用による
印の作用が過不足となる大運・流年に疾病の原因が積み重ねられる

大運によって印の調和が崩れると疾病は重い形で発生する
流年は毎年巡り変化していくため印の過多・不及による疾病は軽く済む



木が水から生じられなければ血の症状として表れる
土が火から生じられなければ気を痛める


熱体質の人乾咳、口の渇き、のどの腫れ、声のかすれ、痰に血が混じる等の症状

火土印綬は熱体質となり悪心、嘔吐、喉に痰がからむ感じ、ひきつけの症状

燥体質の場合皮膚が痒くなる


木火の不調和痰に関する症状

火金の不調和体表や手足に発生する腫れやこぶ、化膿等の症状

金水が枯れて傷つくのは腎経の効能が不足するために起こる症状

水木が強く土が弱い場合脾臓、胃の不調による症状が出やすい


 ・ 陽 : 命式で陽干支が多いか強い
 ・ 陰 : 命式で陽干支が少ない ( つまり陰干支が多い )
 ・ 寒 : 金水が多く火が弱い。
 ・ 暖 : 火 ( 木土 ) が多くて強い
 ・ 燥 : 命式中 ( とくに地支 ) に水が少なく土と火が隣接する
 ・ 湿 : 命式中 ( 同上 ) に水が多く木に隣接する




 ー 事故の場合、食傷が深く関わる ー

日干が強く、その強さを食傷に洩らしすことによりバランスを保っている命式
食傷が流年の干支によって剋される年は事故に気をつける
また、日干が弱い場合は食傷が強められるような流年が巡る場合
同様に事故に注意する

※食傷が好ましくない作用を発生するため
 注意力が散漫になったり、早急になりすぎ事故を起こす原因になる




にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村


       

| 四柱推命 ( 植物療法の融合 ) | 23:17 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH