<< 四柱推命 身旺身弱の簡易的な求め方 | main | 五運六気と四柱推命 >>
十干五行と五臓六腑

 

十干五行         五臓六腑    その他の部位     七情   五常

木=乙(陰)        肝        目、爪、首      怒    仁
    甲(陽)        胆        目、腱、靭帯

火=丁(陰)        心        唇、気        喜     礼
    丙(陽)        小腸       唇、肩

土=己(陰)        脾        舌、脂、腹部     思     信
    戊(陽)        胃        舌、肉、胸部

金=辛(陰)        肺        鼻、毛        悲     義
    庚(陽)        大腸       鼻、皮、へそ

水=癸(陰)        腎        耳、髪、足      恐、驚   智
  壬(陽)        膀胱       耳、骨、脚


・五臓 ( 陰、裏 ) = 肝、心、脾、肺、腎
・六腑 ( 陽、表 ) = 胆、小腸、、胃、大腸、膀胱、三焦

※三焦 = 気や津液の通路で、気化作用が行われる場所
      舌の下部から胸腔に沿って腹腔に至る部分の総称





  ー 地支と身体部位 ー


子 ・・・・・ 膀胱、耳          丑 ・・・・・ 腹部、膵臓

寅 ・・・・・ 胆嚢、整脈         卯 ・・・・・ 肝臓、指

辰 ・・・・・ 皮膚、胸部         巳 ・・・・・ 頭、歯

午 ・・・・・ 目、精神           未 ・・・・・ 胃、背中

申 ・・・・・ 大腸、肺          酉 ・・・・・ 腸、血液

戌 ・・・・・ 脚、足            亥 ・・・・・ 頭、脳






 − 木 = 肝・胆 怒り 筋 目 爪 −

 ■ 消化吸収、運動神経、血液循環、神経機能、内分泌と生殖、抗ストレス

  ・肩こり ・筋肉痛 ・手足の痙攣 ・目の症状 ・高血圧 ・自律神経失調症

  ・アレルギー性疾患 ・痔 ・高血圧月経症



  肝臓 ・・・ 精神を安定させる、解毒作用、血の貯蔵、全身に栄養を送る、気の運行調整

 ● 衰弱症状

 ・イライラ ( 怒り ) ・憂うつ ・眼精疲労 ・ドライアイ ・目が痛む
 
 ・目の充血 ・視力減退

 ● 肝の血液不足

  ・筋肉が引きつる ・筋肉の痙攣 ・知覚麻痺


  胆嚢 ・・・ 胆汁の貯蔵 ( 消化を助ける ) 、生命の行動力を司る

 ● 衰弱症状

  ・決断力 ・実行力の低下 ・恐怖心が強くなる ・話をしなくなる

 ● 肝の血液不足

  ・イライラ ・精神不安 ・不眠




 − 火 = 心・小腸 喜 血脈 舌 顔色 舌 −

 ■ 血液循環、神経機能

  ・血圧循環障害 ・高血圧 ・心臓衰弱 ・不整脈 ・息切れや動悸 

  ・狭心症 ・心筋梗塞 ・不眠症 ・神経症 ・健忘


 心 ・・・ 意識を司る、覚醒、睡眠のリズム、体温調整、血液循環、味覚を正常に保つ

 ● 衰弱症状

  ・動悸 ・イライラし胸が苦しい ・不眠 ( 夢が多い )  ・顔面紅潮 ・不安感

  ・下が赤く熱い ・胸苦しさ ・口が渇く ・意識混迷 ・脈が速い ( 不整脈 )

  ・心筋梗塞 ・狭心症 ・呼吸が弱い ・無気力 ・倦怠感 ・少しの動きで汗をかく 

  ・めまい ・舌が淡白 ・脈が細い


 小腸 ・・・ 消化活動を助ける

 ● 衰弱症状
 
  ・軟便 ・下痢 ・下腹部の痛み ・尿の出しぶり ・手足の冷え ・寒がり 

  ・顔面が青白い




 − 土 = 脾・胃 思 肉 口 口唇  −

 ■ 消化吸収、血液循環、造血作用、運動、免疫

  ・食欲不振 ・胃腸障害 ・貧血 ・眩暈 ・低血圧症候群 ・出血性疾患

  ・左肩こり ・夜尿症 ・むくみ ・肥満 ・糖尿病


 脾 ・・・ 消化吸収、筋肉の形成と維持、血の循環を滑らかにする

 ● 衰弱症状

  ・食欲不振 ・胃もたれ ・食後の倦怠感 ・眩暈 ・軟便 ( 泡状 ) ・下痢

  ・みぞおちが痛む ・鼻血 ・皮下出血 ・不正出血 ・生理が止まらない

  ・子宮下垂 ・口の中の粘々感 ・味覚失調


 胃 ・・・ 食物の消化

 ● 衰弱症状

  ・上腹部が張る ・嘔吐 ・悪心 ・食欲不振 ・胃下垂 ・シャックリ ・眩暈




 − 金 = 肺・大腸 悲 皮 毛 鼻 −


 ■ 呼吸、造血作用、血液循環、水分代謝、免疫

  ・呼吸器系疾患 ・喘息 ・気管支炎 ・鼻炎 ・蓄膿 ・皮膚病

  ・アレルギー性疾患 ・糖尿病 ・顔や上半身のむくみ


 肺 ・・・ 呼吸により全身の気の流れを統括、血・水を作る、皮膚の防衛能力を保つ

 ● 衰弱症状 

  ・疲れやすい ・やる気が出ない ・皮膚の乾燥 ・皮膚のカサカサ感 ・むくみ

  ・風邪を引きやすい ・寒気がする ・鼻づまり ・鼻水 ・嗅覚が鈍る

  ・声がかれる ・咳 ・汗が出ない ( 抵抗力不足 )  ・寝汗をかく


 大腸 ・・・ 大腸から固形のカスを受け体外に排出する

 ● 衰弱症状

  ・便秘 ・下痢 ・下腹部の痛み




 − 水 = 腎・膀胱 恐 骨 耳 髪 −

 ■ 内分泌、生殖、免疫、水分代謝、造血作用、運動

  ・左右肩こり ・難聴 ・耳鳴り ・神経痛 ・疼痛 ・健忘 ・脳の老化

  ・貧血 ・高血圧 ・糖尿病 ・精力減 ・ホルモン失調 ・子宮疾患

  ・不妊 ・前立腺肥大 


 腎 ・・・ 成長・生殖の役目を果たす、骨を作る、思考力・集中力の維持

 ● 衰弱症状

  ・眩暈 ・頭痛 ・耳鳴り ・難聴 ・生殖機能の低下 ・歯が抜ける ・腰が曲がる

  ・尿が出にくい ・尿の量が少ない ・骨がもろくなる ・白髪 ・老化現象

  ・発育の遅れ


 膀胱 ・・・ 小腸から液状のカスを受け体外へ排出する

 ● 衰弱症状

  ・尿の出が悪い ・尿が漏れる ・頻尿になる ・トイレへ行く回数が増える




 ー 七情と症状 ー

感情の変動や精神的な疲労が多すぎたり不足すると様々な症状として現れる

 ・ 喜 = 喜びが過ぎると気がゆるみ心身を消耗させる
 ・ 怒 = 強い怒り、長期にわたる怒りは気が上昇し肝(他の臓器)を傷つける
 ・ 憂 = 憂の状態が過度に続くと脾を傷つける

  ※ 現代医学と同じく自律神経の乱れによる症状と共通する

 ・ 悲 = 気を消耗させる、肺の機能低下により悲が起こることもある
 ・ 恐 = 心の緊張、免疫力低下、気が下降し気や血の乱れを生じる
 ・ 驚 = 強い驚きや驚きが続くと精神的なストレスが大きくなり感情は不安定になる



気・血・津液と五臓六腑の乱れや機能低下は過度の感情の変化(内因)以外にも
暴飲暴食、働きすぎ、運動不足、過度の性行為などの不摂生と
不慮の事故、災害、遺伝など(不内外因)
による症状
季節の変化や自然現象(外因)の三つに分類される





にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村




| 四柱推命 ( 植物療法の融合 ) | 22:01 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH