<< 柑橘系ジュースとハーブティーの相性 | main | 堀川は貧乏神?!、関西では正月が二回来ます・・・ >>
自律神経失調症と四柱推命
 

身体的な自覚症状があるにもかかわらず検査では異常がみつからな
これは自律神経の乱れから起こる「自律神経失調症」と言い

対して
検査で特定の症状が見つかった場合は心身症と言います



心身症が身体の特定の臓器や器官に集中して表れるのに対して
自律神経失調症は消えたり表れたりする不安定な症状がいろいろな器官に起き
倦怠感などの全身症状を伴うことが多いのが特徴です



自律神経失調症は「自律神経の乱れ」や「免疫系やホルモンの乱れ」の他に
神経伝達物質も同時にバランスを崩している場合があります

うつ病の症状はセロトニンが関与した症状を指す「病名」であり
自律神経失調症はストレス(外的要因・内的要因)による身体的症状を指し
中医学的に見ると「未病」の症状と言えます



自律神経失調症は中医学的に言うと気・血の症状に類似しており
ストレス
と生活習慣の関連したものであるが
「ストレスが溜まることで生
活習慣も乱れる場合」と
「普段の生活習慣からストレスをためやすくなる場合
」など
様々な要因と不のスパイラルが係わっています



自律神経失調症に見られる症状は
「毎日不調が続く人」や「日によって表れたり消えたりを繰り返す人」も居ます
これは心因
が影響していると考えられます



ストレスの要因は一人ひとりの持って生まれた体質、性格、物の考え方が影響しています

外因的要因とは社会環境によるもの、人間関係、習慣、社会の規範などのプレッシャー
     自然環境によるもの、音、光、温度などの変化

内因的要因とは主に持って生まれた体質、性格、物の考え方、捉え方など



四柱推命が中医学から枝分かれした分野であることは
以前に書いたブログや「完全定本・四柱推命」にも書かれていますが

四柱推命は個人の運・性格・体質などのバイオリズムを知ることができるシステムであり
人間関係や生活環境の適応・不適応、「この時期になると体調を崩す」など
自分自身の体質や性格を知ることにより
どの様にストレスから対処すべきかも理解することができると言えます


また、外因的要因では生活環境の空間(音や光や周辺の建物)などがストレスとなります
風水は「環境心理学」とも呼ばれ巒頭・形殺・理気殺がストレスとなり人間に様々な
影響を与えていることがあります

風水を「開運」といっている方が居ますが
本来はよりよい生活を送るための環境整備学といえます






| 命理学と風水 | 17:44 | - | trackbacks(1) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1627799
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/01/09 9:33 AM |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH