<< レイモンド・ロー先生による四柱推命講座を受講 | main | 森羅万象を表し、自然の変化の象徴としての易 >>
梅田で風水鑑定 ~風水(陽宅)は「開運」ではなく「改善」を~
 
日本では最近、風水をお掃除方法だと思っているようですねゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


日本では、風水で何処々に何々を置いて金運アップだの恋愛運アップだの言っている
自称風水師が多いのですが
これはまだ良いほうで、中には色彩心理学や財布、食べ物、旅行だとか
風水とは次元の違う事を言うおバカも居ますが
(そんなもん置いただけで金運が良くなるなら世の中は不景気知らず貧乏人なんて居ないって)


簡潔に述べると、風水の陽宅(家相)において大切なのは時間・空間・周辺環境であり
そこに住む人にどのような影響を与えているか看る技術であり学問である
もし悪い影響があるようならば「改善」することであり
それは「開運」ではなく、私利私欲で運を良くしようと言うものではない


例えば、これから風邪やインフルエンザが流行する次期ですが
その為にウガイや手洗いなどで普段から気をつけていれば防げるかもしれない予防方法です
予防することで健康は維持され、その分働けるし、いろんな出会いの幅も広がるかもしれません

風邪やインフルエンザ予防をしていなかった為に
病気になり自分、もしくは会社に迷惑がかかりマイナスとなる
金運も下がるかもしれませんし、良い出会いを逃すかもしれないのです

しかし未然に予防をしていたことで
結果的に仕事も順調にこなせ、金運もあがるかもしれませんし
良い出会いの場を探すことで恋愛や結婚へとつながるかもしれません


風水の陽宅では、これから起きる、あるいは起きている原因を突き止めることにより
その原因に対して化殺(例えで言うならば、風邪やインフルエンザにかからないように予防)します
もし、悪いことが起きているならばそれ以上に悪くならないように改善するわけです
ですから、風水では、それ以上の自分の運をあげることはできません
もっと良くしたいなら、改善をしたぶん(予防をして風邪を引かなかったぶん)自分の努力も必要であります
自分の努力なしで開運はありません


もちろん、人の運のサイクルと言うものがありますがそれは風水では見ることはできません
その人の運のサイクルを見るときは「四柱推命」や「紫薇斗数」などで
今の自分の運気を見たり予防します

風水のみではなく四柱推命などを使用し
その人の運のサイクルが良い方向に向かうのか悪い方向に向かうのか考慮しなければなりません


何故、日本で怪しい風水もどきが広まったか
日本では正当な風水を学ぶ機会がとても少なく
また、古くから中国により間違った技術が輸入され日本独自の「家相」が形成されました
そして、現代に入り「日本の家相」と「中国の風水」がグチャグチャになって広まったと考えられます

なにより、日本の家相(現代の日本の風水)のほうが簡単なロジックであったり
正しい風水が広まっていなかった為に「自称風水師」が独自の考えで一般にも広めてしまったと
考えられます



| OASIS | 19:14 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1627605
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH