<< マザー・テレサ誕生100周年 | main | 24TVと「みぽりんのえくぼ」 >>
陰陽道考査・番外〜僕と陰陽道との出会い〜


幽霊・妖怪、UFO、ユーマ、オーパーツ(謎の古代文明)・・・

小学生の時から不思議なものに興味があり
いろいろな本を読み始める

そんな時、映画「帝都物語」で陰陽師を知る

それからしばらくしてから
マンガ「風水斎シリーズ(服部 あゆみ著)」とであう
その本の巻末に参考文献が載っていて
その参考文献を基に陰陽道関係の本を読み始める

中学に入ってから
「日本人なら、日本の歴史、民俗・習慣なども多少は知っておくべきだ」と
そちら方面の本も読み始める
宗教関係では特に学研のブックスエソテリカ・シリーズを買いあさる

これらの研究をはじめると
陰陽道と、その原点である陰陽・五行思想が
日本の民俗、文化、宗教、歴史、暦など様々な部分にまで浸透し
悠久の時を経て現代まで続いていることを知り
日本人として自分の心の宗教を陰陽道(現「天社土御門神道」)にしようと
思い始めるのだが・・・



陰陽師の映画の流行とともに
怪しげな自称「陰陽師」が巷に出始め
京都の晴明神社まで商売気を出し始め観光地化してしまった





晴明神社を初めて訪れた頃は、僕はまだ高校生だった
その場所はタクシーの運転手でさえ知らない
普通の地元の小さな氏神神社でしかなかったのだが
今では門限までできて、神社の前にはタクシーが並び
周囲には流行に便乗して土産物屋までできる始末

神聖さが欠けて、なんだか冷ややかな気分になる・・・


でも、陰陽師ブームというのは時代を経て何度も繰り返されている
今の世の中、有名な神社(観光地)以外は、初詣くらいしか人は集まらないし
小さな神社は経営(維持)に苦しみ
敷地内で高層マンションを建てようとしている場所もあるくらいだから
逆に神社を存続するためには観光地化してよかったのかもしれない・・・

陰陽道は日本人の文化の礎として息づき
流行と言う名の下に時代の中で思い出され続いていくのかもしれない


| 陰陽道考察 | 14:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1608648
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH