<< やればできるじゃんヽ(´▽`)/ | main | マスコミの気の移りようと日本の団結力〜目指せベスト8〜 >>
中医学から見た、梅雨と夏バテを乗りきる方法


西洋医学的に言うウイルス性の風邪のことを
中医学では「湿邪」と言う


湿邪 土用 脾 胃 口 肌 肉

大便・小便がすっきりでない、胸のつかえ、むくみ
手足・全身がだるい、関節が重く痛い
(梅雨時期、初秋のタイフーン時期にかかりやすい)

主に身体の下部に現れる

経絡や内臓をつまらせる、足のむくみなど。。。



また、梅雨独特の湿気の多い毎日が続くことで体力の低下や
水分・冷たいものを取りすぎることにより脾による症状が出やすくなります

脾は湿気を嫌い燥を好むと言われており
上記の表のように脾は胃(口、肌、肉など)と係わり合う
つまり、湿気により胃腸にも症状が出やすくなるほか
脾は五神の中で「意」を蔵し、思考・集中・学習・記憶と言った
精神活動を司り、脾陽・脾気が不足すると集中力が欠け、考えが纏らなくなる



夏バテの主な原因も脾にあります

外気の熱により体内の熱のバランスが崩れることにより
脾の機能が低下します

脾は食物の消化吸収や水分代謝を担当しているのですが
湿気と冷えに弱いという特徴もあります
脾の機能が低下することにより水分代謝がにぶくなり
倦怠感、だるさ、下痢などの症状を引き起こします
代謝されない水分は、熱を吸収し身体に熱をためていきます
そのため、さらに冷たいものを多く摂取しようとすることで
悪循環となり夏バテとなります

冷房のきいた室内にずっと居たり、冷房のきいた室内と外の往復なども
夏バテの原因となりやすくなります



アロマテラピーでは

ペパーミント・・・冷却作用や消化不良、下痢など消化器系の症状にも
パチュリ・・・・・漢方では藿香(かっこう)として用いられ湿を取り除く
         高温多湿時期の食欲不振や吐き気、頭痛、下痢、便秘など
サンダルウッド・・胃腸を温め水分代謝を改善する

などの精油が適している、トリートメントオイルもよいが
この時期の湿気を考えると、ベビーパウダー大さじ3杯に精油5滴ほどを目安に
作り置きしておくとよいと思います



食養生

苦味や酸味がある食材を選択し、余分な熱と水を発散させる
酢の物、豆腐、セロリ、緑豆、苦瓜、スイカ、キウイフルーツ、梨など



ハーブ
ペパーミント、オレンジピール、フェンネル、ハイビスカス、ローズヒップ
レモンバーム、レモングラス、ラベンダーなど


| 中医学・フィトセラピー | 20:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1593867
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH