<< プラシーボ効果によるパワーストーン作用 | main | チーム医療とコ・メディカル >>
三合派風水と心理学
風水の流派は大きく分けて二派ある

三合派(巒頭派、形勢派など)と三元派(理気派、玄空飛星派など)で


三合派は水法や砂法と呼ばれる技術を利用し
周囲の物体、あるいは水の流れから吉凶を読みとる流派である

三元派は最近人気が出てきた玄空飛星派などで
これは、時間の変化による空間の吉凶を読み解く流派である


鑑定士(風水師)は、この両方を巧みに使い分ける
しかし、どちらを主とするかは鑑定士(風水師)によって異なってくる



三合派は周囲の物体などから、記憶もしくは意識・無意識に刻まれた
事象の配列にウェイトを置いて考えることができ
三元派や玄空飛星派よりも、より心理学的に捕らえ事ができる

これは、鍾進添老師の「風水=環境心理学」に近いかもしれない




パーソナリティー障害、あるいは依存症などの疾患には幼少時代の影響が強く
同時に生活環境・社会環境によるストレスが引き金となり現れると考えられる


親が子供にどれだけ愛情を与えたかではなく
子供がどれだけ親からの愛情を受けたか、その満足感
母親から適切な愛情とケアを受け入れられたかが大切であり
満足感を得られない場合に依存症やパーソナリティー障害となる場合がある

また、親がある種のストレスや恐怖を感じたとき
子供はそれを察知し不安定な感覚が脳に残ってしまい
大人になると精神疾患を招く場合がある

全てがこれに当てはまるわけではないが

虐めや幼少時の外的障害・心的障害など複数の原因も重なり
成長と共にストレスがたまると障害疾患として現れる


いずれにせよ、生活環境・社会環境と空間が原因であることは確かである
(遺伝性の疾患や障害もあるが)



三元派や玄空飛星派の時間の概念よりも
三合派による水法や砂法の事象を読み、環境を整えると言う術は
より心理的作用や事象をリアルに表現させることができ
各種精神疾患にも対応がきるのだ

即ち、三合派によるストレスの軽減、疾患・疾病の軽減は
ホリスティックな観点から健康へと誘うと同時に
皆が言うところの開運へと繋がるのではなかろうか。。。



と言うことで、僕は三合派を主として学びたいと思いますσ(`・ω・´)





予断ですが、三合派にも時間の概念があります

風水は昔、堪輿(かんよ)と呼ばれていました
堪は「天時」で、時間を表しています
輿は「地利」で、位置の選択や空間の運用方法を意味しています

これは、三合羅盤の天地人の三層に現在も残っております


| 命理学と風水 | 21:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1582299
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH