<< 血おの症状と養生法 | main | 使用上の注意をご覧になり正しくお使いください・・・あれ?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ >>
湿痰の症状と養生法

痰湿 ぼてっとした大きな舌で苔が厚い


   津液が滞って余分な水分が体内に溜まっている
   軟便、むくみ、体が重い・だるい、吐き気・嘔吐・痰、喉の症状
   湿気の多い時期や雨の日に体調を崩しやすい
   胃がポチャポチャと音がなる



肺や脾の不調によって津液の流れや代謝が悪くなり
体内に余分な津液が溜まり「痰湿」の情態になります
体が重く感じ胃のつかえ、胸苦しさ、軟便、むくみ、痰がよく出る
アレルギー性鼻炎、気管支炎、喘息、リウマチ、関節炎、じんましんが出る
湿は周囲の熱を奪う為、体が冷え湿がたまり痰になります
痰はその場に停滞する性質があるため、さらに気や血の流れも悪くなります
外見の特徴ではぷよぷよとした水太りの人に多い




 − 養生法 −


ねぎやしょうがなど五味が辛で五性が温性の物を取る
これらは発汗作用があり、水分代謝をうながす
一般的に皮の部分は利尿作用やむくみを取る作用があるため
しょうがの皮も捨てずに使いたい

湿熱タイプの人は、うり類や白菜、はとむぎなどの涼性で
利尿作用のあるものを取るとよい

適度な運動は気の流れをうながす
それによって気化の作用も強化されるので
過剰になった津液が汗や尿に変化しやすくなる
体内のよけいな水分を外に出すために、積極的に運動をおこなうようすする

※気化=気・血・津液などを相互に変化させたり、津液を汗や尿に変化させる






湿熱 熱の性質がさらに強くなったもの


   湿熱体質は脂っこい物や甘い物の食べすぎお酒の飲みすぎなどでおこる
   痰湿体質の特徴に加えて喉が渇く、湿疹や吹き出物が多い
   痰や鼻水が黄色いといった症状が見られる



陰虚 比較的やせている人に多い


   津液が不足している情態を「陰虚」という
   津液は体の各部をうるおしなめらかにする働きを持っている
   津液は熱を冷ます作用を持っているので津液が不足すると
   のぼせ、ほてり、便秘、鼻・のど・口の乾燥、声涸れ、から咳
   口が渇く、目の乾燥、髪毛・皮膚の乾燥、尿量の減少

   ひどい場合は微熱や寝汗が出ることがある
   こうした熱症状を虚熱と言う


| 中医学・フィトセラピー | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1507094
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH