<< 血虚の症状と養生法 | main | 湿痰の症状と養生法 >>
血おの症状と養生法
血瘀 舌の色が紫・舌の裏に紫色の精脈が出ている


   血が滞って、体内に非活性の古血として残ってしまっている
   のぼせ、冷え、頭痛、肩こり、めまい、目の充血・クマ・シミ
   高血圧、高脂血症、痔、生理不順・月経痛、更年期障害



血の流れがスムーズに流れずに内臓や経絡に停滞した状態
また、内出血した血が滞って色が黒くなり塊のようになったもの
これが原因で病気になった場合を「血瘀証」という
瘀血が形成される原因は、気の不足、気の停滞(肝と心の異常)
水分と栄養を運ぶ機能が低下し、体の痛みや出血などの症状が現れる
瘀血によって刺すような痛みが現れ、脳血管障害も起こす場合がある
他にも胸や心臓の痛み、吐血、便秘、チアノーゼのどの症状なども
青あざや目の下のくまができやすい、しみや日焼けのあとが残りやすい
血行が悪い部分の皮膚の色がくすんだり肌がガサガサになったりする
(女性は生理痛がひどく、月経時の径血量も多く子宮筋腫になることも)
同じ姿勢を長く続ける職業の人などは血行が悪くなり痔にもなりやすい



 − 養生法 −

体を温め血の巡りをよくするために五性では熱性、温性の食品を取る
具体的には、しょうが、にら、米酢など
たんぱく源は、肉よりも血の巡らせる働きのあるイワシなどの青魚がよい
五味では辛の食品を取るのがよい
適量のアルコールも血行をよくするが、飲みすぎには注意すること

血の巡りをよくするには、適度な運動をすることがいちばん
生理痛が強い女性は、腰を回す運動をして骨盤内の血の巡りをよくしよう
同じ姿勢を長く続けないよう、仕事中もときどき休憩を取って身体を動かす






血熱 歯茎からの血、鼻血、赤いにきび(吹き出物)


   血に熱がこもった状態を「血熱」と言う
   病邪が体に入ったり、辛い物や味の濃い物の食べすぎ
   過剰な感情の高まり、
   瘀血の症状に熱がこもった場合にも引き起こされる
   血の熱が盛んだと口が苦く感じる、発熱や便秘などの症状
   血が傷つき、消耗すると口の渇きや微熱などの症状
   血の流れが異常に速くなると鼻血や歯茎からの出血
   女性の場合は月経過多などが起こりやすくなる



肝には気の流れを調整する働きもあるので、肝が正常に働けば
気と血の流れがスムーズになります
肝は血の流れをコントロールし、全身の血の量を過不足なく調整しています



心の働きは、血液を全身に送る作用です
心気の働きで心はポンプのように血液を押し出し体全体に巡らせます
この働きによって、同時に血中の栄養素を全ての臓腑や組織に
ちゃんと行きわたらせることができます
| 中医学・フィトセラピー | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hitosi-cenote.west-cities.com/trackback/1506830
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH