五行の生剋 〜支合の剋・生剋生入・扶抑〜




 ー 支合の論 ー


●相生関係           ●相剋関係

寅(陽木) ー 亥(陰水)     子(陽水) ー 丑(陰土)
午(陽火) ー 未(陰土)     戌(陽土) ー 卯(陰木)
辰(陽土) ー 酉(陰金)     申(陽金) ー 巳(陰火)


※木剋土・火剋金は相手を損なわない
 木が土を剋しても土は形は変わらない
 火が金を剋しても金の姿形は変わるが、金は別の物には変わらない

※水剋火・金剋木の相剋関係は相手を損なう
 水は火を完全に消してしまう
 金は木を完全に断ち切ってしまうむ

陽の気には「仁」が息づき、これにより木と火は「生を好む」
水と金には陰の気が配当されており、陰の気は「殺気を好む」
故に支合には「水剋火」「金剋木」の組み合わせは無い





 ー 五行剋出剋入 ー

 生出 = 他を生じることで我は弱められる
 剋出 = 他を剋すことでエネルギーを使い我は弱められる
 生入 = 他から生じられることで我は支えられる
 剋入 = 他から刺激されることで(剋され)、我は立ち上がり活性化し強くなる
 比肩 = 我を補強し強める





 ー 扶抑の関係 ー

扶 = 子(生じられた物)は親(生じた物)を養う関係 子と親
抑 = 親は子の頭を押さえつけ厳しく指導する

●扶の関係が働けば、善や福、蓄財や功徳・仁徳をもたらす
●抑の関係でも相手が干合・支合・支干合にあたる干支を持っているならば害とは言えない

※親は子の頭を抑え厳しく指導する存在で、子にとっては凶となる
 ただし、親は子の将来を思って厳しく指導するのであり、必ずしも凶とは言えない




| 陰陽五行・易・卦の考察 | 23:58 | comments(0) | - | pookmark |
十干と十二支



●干支は樹木の幹(干)と枝(支)を表し、以下の様になる

甲(木・陽)=種がまだ固い殻に覆われている状態
乙(木・陰)=固い殻を突き破る状態を表す
丙(火・陽)=成長が著しい様、成長の度合いが顕著な状態
丁(火・陰)=和漢暦原考では「勢い盛んな状態」としているが
      五行大義では「一呼吸・一休みする状態」としている
戊(土・陽)=花が咲き乱れ、樹木の生長がピークを迎えた状態
己(土・陰)=枝葉の細部まで曲がりくねりながら形を整え成長を完成させる状態を意味する
庚(金・陽)=満開に咲き乱れた花が散り、樹木に固い実が実った状態
辛(金・陰)=実をつけた状態から次の段階へと至る段階
壬(水・陽)=新たな種子が固い殻の中に次へと繋ぐ命を育んでいる状態
癸(水・陰)=種子がいつ芽を噴出すべきかを見定め、

      そのための準備を淡々と整えている状態


●地支は樹木の枝や根を意味し、支は「支えるもの」「分かれたもの」を意味する
  地の気を表し「陰を」意味する

子=草木の種子が土中の水分を吸収し潤う
丑=草木が土から芽を出す
寅=寒土の中の植物が暖かい太陽の光によりすくすくと育つ状態
卯=朝日が東の空から昇り万物を益々茂らせる
辰=万物が目を覚まし起きる時季
巳=万物が成熟期に到る
午=陰陽の分岐点であり、陽が終わり陰に移り変わろうとする時季
未=草木の果実が成熟していく過程において、滋味をつけていく段階
申=果実が成熟した状態
酉=果実が熟成し発酵していく
戌=草木の生気が絶滅する様子
亥=草木の種子が土中に蔵され春を待つ段階

| 陰陽五行・易・卦の考察 | 23:50 | comments(0) | - | pookmark |
四柱推命 〜十二運と三會局〜
| 陰陽五行・易・卦の考察 | 19:09 | comments(0) | - | pookmark |
干合・合化の論
| 陰陽五行・易・卦の考察 | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |
四季の十二支配当 〜蔵干と三合・半合・三會〜
| 陰陽五行・易・卦の考察 | 12:46 | comments(0) | - | pookmark |
十二月建と支合の論 〜四柱推命大全、五行大義より〜
| 陰陽五行・易・卦の考察 | 17:09 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH