コンセプト
| OASIS | 01:04 | comments(0) | - | pookmark |
【 「おもてなしの心」 と 「陰徳」 】


 僕の考える心のゆとりとは

イライラ、セカセカせず心が穏やかで
相手の事を想い、譲り合う心...
相手の痛みが分かる心


「おもてなし」と言う言葉がありますが
おもてなしも、相手を想う心であり
表裏の無い心で見返りを求めない対応です
仕事意識や事務的な考えでは生まれなし
続けていくことは難しいのです。

日本人には昔からあった心なのに
現代は、自己中心で物事を考え
相手の事を想う心が欠けてきてるように感じます

歩きスマホが問題になっていますが
あれも、自分中心の考えだと言えます
周囲に目がいかず、自分の世界に入り込み、
人の通行の邪魔になってることにも気が付かない
「お前が退けや」と言う態度なのです。

電車に乗っていても…
いや、乗る前から
降りる人が居るのに、我先に乗って席に着こうとしたり
荷物を棚や足の上に置かず横に置いて
それを退かせば、もう一人くらい座れるのに我が物顔で座る人

後、股をこれでもかと開いてる人とか(笑)…

車を暴走運転をする人も心にゆとりが無く
相手を想う心がないのでしょう


中国の古い格言に

1.命、2.運、3.風水、4.功徳、5.読書・・・・
※命運については、また後日に説明させていただきます
※功徳 = 善行を積むこと、陰徳(隠れた良い行い)のこと
...
15まであるのですが、それはさておき。

陰徳とは
相手に気が付かれないように
相手を想い、さりげなく気遣うこと
「おもてなし」も対価や見返りを求めない自然発生的な対応であり
「想い」とは、相手を思う心と書きます
ビジネスでもそうですが、善い行いが巡り巡って自分に帰ってきます

「因果応報」と言う言葉がありますが
善行の積み重ねが心を豊かにし
相互にとって住みやすい社会にし
人としての道徳心を育て成長させて行くことではないでしょうか
| OASIS | 19:56 | comments(0) | - | pookmark |
御社のビジネスをサポートする 【 近畿・大阪の 】 伝統風水鑑定 仁詞
| OASIS | 16:15 | comments(0) | - | pookmark |
伝統風水鑑定士 : 仁詞 の 事業計画
| OASIS | 20:57 | comments(0) | - | pookmark |
ストレス社会の現代日本で 「 スローライフ 」 を考える  
 
先日、ネットサーフィンをしていたら

「スローライフ」と言う言葉を発見!


 スローライフ

2001年頃より、川島正英氏(地域活性化研究所)や筑紫哲也氏により模索されはじめ
川島氏の話を聞きいた榛村純一氏が「スローライフシティー」を公約に掲げ市長再選を果たす

2002年11月には掛川市で「スローライフ月間」が開かれ
12月の「スローライフ月間」は各地で開催されるようになる
この時 「 ゆっくり、ゆったり、心ゆたかに 」 を掲げ
スローライフ・ジャパン(川島正英理事長)が設立された

Wikipediaの 「 スローライフ 」 より抜粋


この 「 スローライフ 」 と 「 ゆっくり、ゆったり、心ゆたかに 」 というキャッチフレーズを見て

僕は 「 これだっ! 」 と思いました

先日、ブログでも書いた 「 OASISが目指す社会貢献もこのスローライフを指すのでは 」 と

http://hitosi-cenote.jugem.jp/?eid=1627898


毎日の生活や仕事に追われ、ストレスを溜め込み、ちょっとしたことでイライラしたり

周囲のことに気が回らず、譲り合いや、思いやり、優しさを忘れてしまいがちになっていませんか?


もう少し、ユックリと足取りを緩めて、草花を愛でたり、空を眺めたり

季節の移り変わりや、自然との繋がりを感じてみませんか?


僕は時間のあるとき、晴れた日は公園でユックリと本を読むことが多いのですが

子供が大きな声で騒いでいたり、道の真ん中で立ち話していたり

急いでいるときに、道の真ん中をユックリ歩いている人が目の前にいたり・・・

ちょっとしたことで、イラッとしてしまうことが今でもあります


しかし、以前まではキレやすかった僕も

アロマテラピーやハーブ、呼吸を整えるようになってから心に余裕が生まれてきました


目を閉じて、ユックリと息を吐ききり、自然に空気を吸い込む

3〜4回繰り返すと、心は落ち着き平常心を保ちユトリを戻すことが出来るのです


スピード社会と言われる現代、同時に心の豊かさや思いやりが失われつつあるような気がします

先ほど、テレビで 「 バスと赤ちゃん 」 と言う再現VRが流れていました

http://www.foster1.com/article/13204813.html

このバスの運転手、そして乗客の心のゆとりに感動しました


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               
 1日1回は、それが無理なら、せめてお休みの日くらいは、自分だけの時間を持って、
 ゆっくりマイペースに過ごす。
 たとえ効率的ではなくても、自分が満足する時間の過ごし方をする。
 それが、スローライフだと思うのです。

 自分のライフスタイルを無理してがらりと変えるのではなく、
 時代と共存しながらも、こだわるところにはとことんこだわって、ゆっくり時間をかける。

 それが、私の考えるスローライフ、目指しているスローライフです。


               Naomiさんの 「 スローライフのススメ 」 より共感できる部分を抜粋

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| OASIS | 20:53 | comments(0) | - | pookmark |
リキュールその歴史 ー アクア・ヴィテ〜香水まで(総集まとめ) ー


11世紀ごろ、錬金術師たちは錬金術における「賢者の石」精錬の試みのなかで
偶然にも蒸留酒づくりの方法を発見します

そうして、生まれた強烈なアルコール分を含んだ飲み物をアクア・ヴィテ(生命の泉)と称し

生命維持のための秘薬として用いるようになりました

               



錬金術師のなかには、そのアクア・ヴィテの中に各種の薬草を溶かし込み
「生命の泉」をしのぐ霊酒を創出しようと試みるものが現れはじめます

薬草の有効成分を溶かし込んだ霊酒(リケファケレ)は
錬金術師たちによってエリクシルと呼ばれました

 ※エリクシルとは、アラビア語のアル・イクシール/al-iksirに由来し
  イクシールは錬金術師が目指した「賢者の石」を意味します


  「賢者の石」を得るために錬金術師が調合したさまざまな薬液を

  エリクシルと読びました


  しかし、いつしか錬金術関連のすべての薬液をエリクシルと呼ぶようになり
  リキュールの祖先が生まれたときにもまずこの用語が当てられました

               



一方、錬金術師たちのエリクシルづくりの技法を引き継ぎ

発展の役割を担う者達が居ましたそれがキリストの修道士たちです


彼らは朝夕の勤行のあいだをぬって農耕の間に薬草採取や薬種採取に専念しました
付近の野山を歩き渡り、薬草、香草を探し出したり修道士仲間の連絡で


高貴薬草を購入したりして修道院ごとに特徴のあるエリクシルを生み出していきます
エリキシルは病に悩む信者たちや宿を求めて立ち寄った旅人の疲れ癒すために施され
粗食に耐えながら戒律を守る修道士の栄養物として支給されるのです





このようにリキュールが修道院に関わりのある者たちの間でしか飲まれなかったのに対して
カトリーヌ・ド・メディシスの宮殿に導入されたリキュールは王室の人々から
王室に集う高官、貴婦人のあいだに広まり次第に民衆のあいだにも
リキュールとして広まっていくこととなります




     【薬酒としてのジン】

ハーブが中世のヨーロッパにて薬草酒として利用されてきた歴史は先に述べた通りですが
1600年代に入り、代表的なハーブ酒としてジンが現れます

              


ルー カス・ボルス : 現存する蒸留会社と しては世界最古で
         ジ ン創成期から携わり、ジンのメーカーとしても最も古いつくり手です


ジンは1660年にオランダで誕生しました
生みの親はオランダ最古のライデン大学の医学者フランシスクス・シルヴィウスです
当初ジンはジュニパーベリー、コリアンダー、シーズなどの
成分を抽出した解熱、健胃、利尿に効く薬用酒として売りに出されていました
ところが以外にも、この薬用酒がオランダの市民の間でも人気を呼ぶようになります

当時飲用されていた蒸留酒は質が悪い上に味も美味しいとはいえなかったため
ジュニパーベリーの爽やかな香りが特徴的なジンはたちまち評判となります


ジンのトップメーカーの一つはイギリスにあります

その発端は17世紀の宗教改革に絡んだイギリス王国の追放と
その後継者であるオランダのウイリアム3世が即位したことが関係します

ウイリアム3世が外国からの蒸留酒の輸入を禁止しジンの税金を下げたことで

盛んに流通します

税対策とジンの美味しさの相乗効果により飲みすぎの弊害が
社会問題にまで発展することとなりました

ジンは、英国の地に根を下ろしていくうちに多少内容の異なる製品に変化し
辛口で風味はわずかに軽くなっていった

一方アメリカでは、ジンをカクテルという舞台を通して世界に広めることに貢献します





     【オーディコロンと香水】

17世紀末、イタリアの理髪師フェミニスが外国で一旗上げようと
ドイツのケルンに移り住み、「オーアドミラブル=すばらしい水」を売り出します

オーアドミラブルは「ケルンの水」のニックネームで呼ばれていますが
これは最古の香水であり、同名のフランス語への読み替えは
1742年に登録商標となった「オーディコロン」としても知られています

当時はオーアドミラブルは、香水としてだけでなく医薬品(胃薬)としての役割もあり
ハーブや薬草を原料とした製品は医薬品、化粧品、食品の区別が明確ではなく
例えば、リキールも傷や痛みにつけるチン剤も、よく似たもので
しばしば医薬品と食品の両方に用いられていました


一方、16世紀〜17世紀にかけてイタリアやフランスのプロバンス地方で
柑橘系の植物から香料が作られ始めます、これが香水の始まり

プロバンス地方のグラースは、現在も香水の町として知られ

香水生産では世界一を誇っています


グラースの香水産業は、ルイ14世時代に産業の育成政策として行われる
この時代の香水は今のような液体ではなく臭い付きの皮手袋として

貴族の間で利用されていました

この頃の香水は花やハーブの精油が原料となっており
現在のように合成香料が使われ始めるのは、19世紀の終わり頃から




     【ハーブリキュール(薬草酒)として使われるハーブ】


アンジェリカ    健胃強壮、風邪、気管支炎、冷え性、血行促進、月経前症候群

ジンジャー     血行促進、冷え性、関節炎、痙攣性の生理痛・月経不順

リコリス      消化器系疾患、気管支痙攣、呼吸器系疾患、女性疾患

ヒソップ      風邪、インフルエンザ、消化器系疾患、ヒステリー、不安

ラベンダー    不安、不眠、神経過敏、緊張、神経性の動悸、頭痛

レモングラス   消化促進、消化不良、膨満感、腹痛

ミント        過敏性腸症候群、風邪の諸症状、吐き気

ローズマリー   血行促進、頭痛、消化促進、リウマチ、風邪、鼻づまり

セージ      心身疲労や病後の強壮、消化不良、膨満感、脂っこい料理の後に

タイム       呼吸器系や消化器系、膀胱炎・泌尿器系の感染症

カモミール    過敏性腸症候群、イライラ、不安、不眠、風邪

クローブ      関節炎、背中の痛み、性欲減退や勃起不全、胃の不快感

エルダー     花粉症、抗アレルギー、風邪、インフルエンザ、のどの痛み

アニスシード   膨満感、胃もたれ、消化不良、吐き気、咳止め去痰作用

キャラウェイ   膨満感、消化不良、食欲不振、下痢、去痰

カルダモン    過敏性腸症候群、吐き気、気管支炎・咳・喘息、性欲減退

フェンネル    過敏性腸症候群、腹痛、吐き気、胸焼け、

ナツメグ      神経強壮、むずむず脚症候群、下痢、月経不順

シナモン     膨満感、消化器系の不調、血行促進、冷え性、呼吸器系症状



その他


バニラ、コショウ、コーヒー、コーラ、コリアンダー、クミン、カカオ

キャラウェイ、エルダーフラワー、サフラン、ベルベーヌ、コカ、アロエ

マージョラム、バジル、ゲンチアナ、etc・・・・




     【参考書】

リキュールとカクテルの辞典     成美堂出版
リキュールブック          著者 / 福西英三     柴田書店






| OASIS | 21:05 | comments(0) | - | pookmark |
個人起業家は孤独なもの? ~人の和でビジネスを成功させよう!~
 

「ビジネスでも人生でも、自分の力だけを頼りに成功することは可能である
 だがそれは容易ではない」

「懸命に働けばうまくいく、という素朴な考えに基づいて行動する人は多い
だから必死で働きながら、誰かが魔法の杖で夢を叶えてくれる日を待っている
だが、そんな日はまずやってこない」

「富と名声への道は、自分の中からは見つからない。これが真実だ
成功する唯一確実な方法、それは勝ち馬に乗ることである」

「負け犬と群れていたら成功できない」

「キャリア上の大チャンスは、仕事上の友人の引き立てによること
が多い
社外の仕事上の友人を増やせば増やすほど、やりがいがあって
報酬も良い仕事につける可能性は高くなる」

(「ポジショニング戦略」より抜粋)




 ー 以下「仕事も人生もメンターが居ればうまくいく」宮崎ゆかり著書より ー

●「そうですよねぇ〜」と普段自分が考えていたことと共感できたり
●「勉強になるなぁ〜」と思った箇所を抜粋しながら書いたものです


「経営者は孤独なもの」なんて、どこかで聞いた様な話ですが
僕も個人でお店を出して一人で悩んだり苦しんだり孤独につぶされそうになりながら
こつこつと2年頑張ってきました

マーケティングや出店場所(風水)やタイミング(吉日)なんて一人で勉強もできますが
(もちろん、風水が勉強できるのも良き先生と諸先輩方々が居たからですが)
当たり前ですが、人脈は一人では出来ないものです(笑)

一人で何かをやりとげようとするのは時間や体力(気力)が必要なものです



しかし、ビジネスで成功している人は
よき理解者やパートナー、家族に支えられていることが多いようです

メンターという存在があります・・・・・メンタリストDaigoじゃないですょ(笑)

メンターとはどのような存在なのでしょうか
「厳しい状況に陥ったとき、本人がその問題を解決し乗り越えていけるように支援してくれる人」
のことで家族や友人や上司や社外のビジネスパートナーなどです

メンターは長期的に人生全般にわたって支援する役割を持っています
そして、深い人間同士の繋がりのもとで成り立っている関係だそうです

精神的な側面も含めて指導育成し支援していく、そんな存在がメンターの存在なのです

仕事やプライベートな悩みも含めて相談し、その人の成長を支えていく
そんな人が周囲に居るだけで仕事への取り組みが変わり精神的にも余裕が出てきます


個人経営の場合、一人孤独に考えたり悩んだりしてしまうものですが
周囲からの意見や情報、心の支えがないと気力が続かないものなのです
一人で考えていても見えてこないこともメンターが居ることで様々な側面から考えることができます


起業家であれば「どうしたらいいんだろう」「もうだめだ」と思うことが何度もあると思います
そうのようなネガティブな気持ちで気力が萎えた瞬間に思考は停止してしまいます
そして負のサイクルへの入り口となってしまいます


成功者の多くが
「成功できたのは良いスタッフや良い友人が居たからだ」と語る方が多いようで
たくさんの友人・知人が居て、その多くがビジネスの協力者だそうです

「ビジネスでも人生でも、自分の力だけを頼りに成功することは可能である
だがそれは容易ではない」のです


起業の成功の50%が経営者のモチベーションに左右されるという調査もあります
周囲の人がどんなに反対しても、自分自身を信じることが出来る人が成功しています
自分自身を信じることができるかどうかが起業家には重要です

起業時にほどの人から「ダメだ」と言われると、多くの人は気力がうせたり落ち込んでしまいます
しかし、尊敬できるメンターから「大丈夫だ」という一言がもらえれば仕事への姿勢が変わってきます

失敗もすべて成功へのプロセスであり無駄なことは一つもないと
「よし、この方法がダメなことがわかった、今度はどうやってアプローチしようか」
「この商品・企画には自信がある、まだまだやるべきことはある」
と考えることが出来れば、成功の可能性はまだあります


金銭的な利益よりも、夢を共有し目標を達成することの喜びを共にわかち合える
仲間やメンターを得ることが成功への打開策なのかもしれません



| OASIS | 22:27 | comments(1) | - | pookmark |
風水を信じるな
 

日本の市場における風水のイメージは
「西に黄色の物を置く」とか「鬼門」などと呼ばれるものが大半をしめていることは歪めない

これらは風水ではなく日本の家相学や九星気学と呼ばれるものに位置づけられる


風水と言う言葉が日本で定着して20年弱
そのイメージを確固としたのはドクターコパだろう
現在の日本では「風水=ドクターコパ」と言える

彼は情報社会で消費者の頭の中のイメージを作り上げることに成功したことになる


しかし、何度も言うがこれらは風水ではく
日本の家相学や九星気学などと呼ばれるものである

日本の「風水」は本来の形からかけ離れ簡略化されたものです

いくら声高々に述べたところで
既に日本の風水イメージが一般に定着してしまった現在では
なかなか払拭することは難しく、最初の思い込みが頭の中を支配している

それに、人間は「あなたの知っていることは間違っている」と言われると拒否反応を示す
消費者を心変わりさせようとするのは大変なのだ


ドクターコパが日本の風水(家相学)を腐敗させた原因は
長期に渡り、シンプルで単純な印象づけに成功したからである

情報社会で受信者の情報処理能力を超えた現代では
発信されるメッセージのごくわずかしか届かない
しかも、それが必ずしも最重要メッセージとは限らず
「開運」や「金運」などと言う省略された言葉のみで
簡単に物事が変わる魔法の道具のように捉えられている


現代において、日本の風水のイメージを定着させたドクターコパは
情報社会で見事にポジショニング戦略に成功させたと言える・・・

ドクターコパが九星気学や日本独自の家相学を「風水」と偽りだすと大ヒットします
それまで九星気学を名乗っていた方達は我も我もと「風水」と名乗りだすことに・・・



まぁ、家相学と九星気学を風水だと思って開運とかすると思っている方がいるなら
それはそれで良いと思います

彼らにとって「風水がどの様なものか」などと言う根本的な部分はどうでも良く
「わかりやすい方法で簡単に自分の私利私欲が叶えば良い」だけの
方法論でしかないのですから



| OASIS | 23:07 | comments(0) | - | pookmark |
五行植物療法と現代に受け継がれる伝統・風水
 

  ー 環境心理学としての風水 ー


■風水を環境心理学の視点から捉えることで
 心と身体の明日への活力をサポート!

風水は6000年前に中国で発祥した思想や学問であり
地理学や環境心理学と言われています



 ー 環境心理学としての風水 ー

ご自宅の周辺環境や隣りご近所の建物などが人にストレスを与えいる場合があり
その為に、「体調が優れない」「対人関係の問題」「仕事が上手くいかない」など
心や身体の不調、人間関係や仕事面など様々な問題が発生している事が多くあります
これらの事象を改善し、個人(運命)のバイオリズムと照らし合わせながら
普段の生活を楽しく過ごしていただけるようサポートします



 ー ストレス社会でビジネスライフを送る30代からの貴方へ ー

ストレス社会の現代において30代〜40代のビジネスパーソンは責任ある仕事を与えられ
部下や上司との交流の中で様々なストレスとプレッシャーが増えるそうです

30代の男女80%以上がストレスにより眠れない・疲れ易いなど
体調の変化や身体の不調を感じていると言われています

30代に入ると結婚で新居を築くことも出てくることと思います
生活の基盤となるご自宅を改善することで、普段の生活や仕事など
心身ともに健康で楽しい生活を送っていただけるようご協力させていただきます



 ー 伝統を受け継ぐ者たち ー

日本の風水は簡略されており、「何でも叶う魔法の道具」のように広まっていますが
幸いなことに私は良い先生や諸先輩方々と出会うことにより
6000年に渡る伝統風水を学ばさせていただきました

風水や四柱推命など、東洋五術と呼ばれる伝統の世界は閉鎖的な部分もあり
一般に公開している部分と、公開されずに受け継がれていく部分があります
師から弟子、あるいは親から子へと受け継がれていき
伝統がゆえに、必ずそこには「系図」のようなものが存在します

そのネットワークと講習会により専門性の高い技術・情報を常に入手
更に日々、研究研磨することで現代にも通じる鑑定をさせていただいています


また、独自に五行植物療法を開発
心と身体を、内面・外面の両方からサポート(支援)させて頂きます
http://hitosi-cenote.west-cities.com/?eid=1627866


仁詞が環境心理学の視点に目を付けたのは
自身が持つ持病を少しでも克服したいと思ったからです
http://hitosi-cenote.west-cities.com/?eid=1627835

人の苦しみや痛みを他人が共感することは難しいでしょう
しかし、自身の経験と「お役に立ちたい」と言う思いは
何よりものの独自資源となり皆様のお役に立てるようサポートさせていただきます


鑑定方法や料金はこちら
http://hitosi-cenote.west-cities.com/?eid=1627846


| OASIS | 22:27 | comments(0) | - | pookmark |
風水と四柱推命の真実を求め学び続ける

風水グッズ(開運グッズ)では開運はしない

以前にも書きましたが
そんなもので良くなるなら「世の中は不景気知らずで、皆ハッピー」です(笑)


たとえ、砂法や水法など風水鑑定の技法で良い結果が出ても
場の気が死んでいれば、良い結果はなかなか出ないものです

場の気とは巒頭であり穴のことです

,泙困老蠅鮗茲
⇔匹ぞ貊蠅鮹気掘△修靴萄存を取り
そこから室内の部屋の配置を決めていくことが大切です

ですから、風水は建築学と言えるのです
現代の地理学・測量技師・建築士と例えることができます

現代でも、風水を学ばれている方に建築関係の方が多いのです



では、風水グッズはどの様な役割を持つのでしょう?

それは、玄空飛星の技法等でその年に巡る悪い影響や
建物が20年40年と過ぎ、建物の良い気が衰退した場合に
五行の理論により改善するためのものであります
※巒頭により周辺の環境が悪い象意を示した場合、悪い象意を抑える場合もあります


日本では、風水グッズが何でも叶う魔法の道具の様に思っている方が多いですが
風水グッズを置いたからと言って劇的に物事がよくなると言うものではありません

悪い象意を五行の理論や吉祥動物(瑞獣)で押さえて改善するのが風水の改善方法であり
そこに中国の縁起観や文化があるのです



風水で一番良い改善作は引っ越しちゃう(場合によってはリフォームする)ことです
良い穴(場所)を探し、座向をとり、その次に砂法や水法で鑑定し建物を建てるのが正しい
場の空気が生きているか死んでいるかが一番重要です

風水鑑定をしていると、引っ越してから相談される方や図面鑑定のみの方が多いですが
穴を見極めるのは難しいく風水の醍醐味と言えます


座向を取る(見極める)のも難しいですが
その後の砂法や水法などの技法を使うのは巒頭を見るよりは簡単に行えます
※過去の偉人や先生方が残してくれた文献のおかげですね、ありがたい話です(*^▽^*)
(文献が正しいかどうか見極めるために風水を鑑定する者は常に学びの姿勢を持っています)

巒頭や座向を取るのは風水を鑑定する人間の力量が試される
まさに経験則の世界です


| OASIS | 21:04 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
友だち追加数
Localplace

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ハーブティーバイブル
ハーブティーバイブル (JUGEMレビュー »)
林 真一郎,ヴィクトリア ザック

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH